【京都】結婚式場おすすめ人気ランキング!ウエディング会場選びにお悩みの方に口コミで評判の式場をご紹介!

結婚式場との打ち合わせの服装は?持ち物は必要?

ウェディングプランナーと話し合い、理想を叶えるための打ち合わせを完璧に行いましょう。

しかし、ほとんどの方は初めての経験でしょうから、当日の服装や持ち物をどうすればよいか迷うかもしれません。

もしも特別な注意事項があれば、事前にウェディングプランナーから教えてもらえるので安心しましょう。

こちらでは、服装と持ち物について知っておくべきことを、分かりやすく紹介しますのでお役立てください。

 

打ち合わせをする場所を決めること

 

結婚式場には、専門の施設もあれば、ホテルやレストランが利用できるところもあります。

そのため、まずは自身が結婚式を挙げる施設が、どのタイプに属するのか把握しましょう。

ただし、すでに何度も見学をした上で、結婚式場を決めているでしょうから、タイプの把握はすぐにできるはずです。

その次は、ウェディングプランナーと相談をして、どこで打ち合わせをするのか決めましょう。結婚式を挙げるところで行うのが一般的ですが、相談をすれば近くのカフェや喫茶店を利用できるかもしれません。

何かしらの理由があって、どうしても結婚式場を利用するのが難しいのなら、場所を変更してもらうことを考えましょう。

カップルの希望に沿うように努力してくれるのが、ウェディングプランナーなので、嫌な顔一つせずに要望に応えてくれる可能性が高いです。

 

場所によって相応しい服装は異なる

 

結婚式場を訪れて、打ち合わせをするのなら、きちんとした服装をしなければいけません。

もしかすると、訪れた日に誰かが結婚式を挙げているかもしれないので、その雰囲気を壊さない服装が求められます。

だからといって結婚式の参加者のように、バッチリと決めた服装をする必要はないので安心しましょう。

気を使いすぎてしまい、礼服を着ていくのは、明らかにやり過ぎの行為となります。

当日は清潔感があり、派手なカラーではないカジュアルな服装をしていけば、問題になることはありません。

カジュアルすぎる格好をしていっても、注意されはしないでしょうが、場の雰囲気から浮いてしまい、恥ずかしい思いをする可能性があります。

もしも、カフェや喫茶店で打ち合わせをするのなら、常識の範囲内ならば、どのような格好をしたとしても大丈夫です。

忙しい方は、仕事の合間しか時間が取れずに、作業着でしか打ち合わせができない状況もあるでしょう。結婚式場ならそのような格好はNGとされていますが、いろいろな方が利用をするカフェや喫茶店では、まったく問題はありません。

また、打ち合わせの内容にウェディングドレスの試着が含まれるのなら、それを考えた服装をする必要があります。

まず、ワンピースなどの、脱ぎやすい服を選んで、試着をスムーズに行えるようにしましょう。

そして、できることならば、ブライダルインナーを下着として着用していったほうがよいです。

ブライダルインナーはウェディングドレスをキレイに着こなすためのアイテムで、多くの女性が結婚式当日に身につけています。

このアイテムは、補整下着のようなもので、ボディラインを整えるのに役立ってくれます。そのため、ブライダルインナーを結婚式で身につける予定なら、試着段階でも身につけてウェディングドレスを選定しましょう。

本番と同じ体型で試着をしないと、結婚式当日にきつかったり緩かったりする箇所がでてくるため、せっかくのウェディングドレスに不満を感じてしまうかもしれません。ちなみにブライダルインナーは購入だけではなく、レンタルもできます。

そして、時間はかかりますが、オーダーメイドで頼めば、身体にピッタリな物を作ってもらうことも可能です。費用や時間を考えて、ウェディングドレスの試着に間に合うように、ベストなブライダルインナーを手に入れましょう。

なお、服装ではありませんが、ウェディングドレスを試着するのならば、髪型にも気を使うべきです。

ウェディングドレスを着たときのシルエットには、髪型も大きく影響するので、完璧な美しさを求めるのならしっかりとセットしていきましょう。

ただし、試着のときに、ヘアメイクも一緒に行ってくれる結婚式場もあります。その場合は、わざわざ高い料金を支払って、美容院でセットをしてもらう必要はありません。

結婚式はたくさんのお金がかかるので、ウェディングプランナーにヘアメイクをしてもらえるか事前に確認して、無駄な出費をしないようにしましょう。

 

打ち合わせのために用意する持ち物

 

ウェディングプランナーに、いろいろなことを説明されるので、それを記録するためのメモ帳と筆記用具を持っていきましょう。

ただ、メモ帳のほうは仕事や家庭で使っている物を併用するのではなく、結婚式用に新たに用意したほうがよいです。

書き留めるべき情報が多いので、併用してしまうと、あとから見直すのが困難になるからです。もしも、一字一句、ウェディングプランナーの話を、聞き逃したくないのなら、ボイスレコーダーの活用も考えましょう。

ボイスレコーダーなら話の中身をすべて録音できるので、あとから確認するのがとても簡単になります。5000円以下の製品もたくさんあるので、持っていないのなら、結婚式のために購入するのもよいでしょう。

自身の声の録音もできるため、結婚式のアイディアを思いついたとき、忘れないように記録しておくためにも役立てられます。ちなみに、ボイスレコーダーは、説明内容が食い違ったときのトラブル解決にも使えます。

声として記録に残せるので、食い違いがあったときには、自身の正当性をしっかりと証明できます。また、資料や結婚式場の雰囲気を記録するために、デジタルカメラの利用もおすすめします。

現在では、ほとんどのスマートフォンにカメラ機能があるため、そちらでも十分にキレイな写真を撮れる場合が多いです。ただし、スマートフォンのカメラを使うのなら、見やすい写真が撮れるか事前に確認しておきましょう。

機種によっては粗い写真しか撮れないため、あとから見直すのに不十分かもしれないからです。そのときは、家電量販店を訪れれば、10000円以下でまともな写真が撮影できるデジタルカメラが売っているので購入しましょう。

打ち合わせだけではなく、新婚旅行などのイベントを考えるなら、少し奮発して本格的なデジタルカメラを購入するのもよいです。ちなみに、スマートフォンやデジタルカメラのモニターでは、小さくて見にくいので、別途パソコンがあるとより便利です。

 

そして列席者の人数や予算など、結婚式を挙げる上で必要な情報を事前に準備しておきましょう。

ノープランで打ち合わせに望んでしまうと、大切な相談時間を無駄に消費してしまうからです。もしも、どのような情報が必要とされているのか、分からないのなら、ウェディングプランナーに事前に質問しておきましょう。

その場合は、電話ではなくメールで問い合わせて、文章として教えてもらったほうがよいです。

それをリスト化して、当日までにきちんと決めて、ウェディングプランナーに提出できるようにしておきましょう。もちろん、複数回の打ち合わせが用意されているため、最初が準備不足だったとしても、あとから取り戻すことは十分に可能です。

サイト内検索
京都の結婚式場人気ランキング
第1位 桜鶴苑
京都・大阪エリアでおすすめの結婚式場