【京都】結婚式場おすすめ人気ランキング!ウエディング会場選びにお悩みの方に口コミで評判の式場をご紹介!

結婚式の式場を選び始める準備はいつから始めるべき?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/14

最近はあまり大安など気にしないという方や、仏滅の方が割引特典がある式場もあるため、予算の面からあえて大安吉日を選ばないカップルもいるかもしれません。

しかし、まだ祖父母世代にはそういった六曜を気にする方も多くいます。

新郎新婦二人で日取りを決めてしまって、後からあまり良い日ではないから日程変更するようにと言われては新郎新婦の手間が増えて大変です。

では式場選びを始める準備はいつから始めるべきか?考えていきましょう。

 

早ければ早いほど良いわけではない場合もある

 

まずは両親や祖父母の希望を聞いておく方が良いでしょう。

両親や祖父母から様々な意見が出るかもしれませんが、最終的に決めるのは新郎新婦です。

一つの意見として聞いておくと良いでしょう。また、早い方がゲストへのお知らせも早くできますので、その分参列してもらえる可能性が高まります。

結婚式まであまり日がないと、既に予定が入ってしまっている場合もあります。ですが、半年先の予定は入っていないという人が大半ではないでしょうか。

3か月先の予定が埋まっている人も少ないですが、そのころになるとちらほら旅行の予定などを入れている人はきっといるでしょう。

可能な場合は早くして、招待状は改めて出すことを伝えたうえで、ゲストに日程をお伝えしておくと良いです。

しかし、早ければ早いほど良いような気がしますが、実はそうでもない場合もあります。例えば、親族に体調不良の方がいる場合などは、早くに決めすぎると、結婚式のタイミングとご不幸が重なってしまう、ということも考えられます。

まずは参列を依頼する親族に、そういった体調不良の方がいないか確認しておく必要があります。

直接「体調不良の人いる?」と聞ける間柄でしたら問題ありませんが、聞きにくいケースもありますので参列者の人数把握のためと言って、両親から親戚などに確認を取ってもらうと良いでしょう。

ここでのポイントは「可能な限り」というところです。あまり体調不良を自分たちの結婚式の都合のために聞き出すと、良い顔をされない場合もあります。

今後ともお付き合いする必要がある親戚関係を壊さないためにも、さりげなく聞くようにしましょう。

 

ギリギリの方が割引してくれるケースもある

 

結婚式までの日が短い方が式場側の少しでも空きを埋めたいという目的などで、結婚式にかかる費用を割引してくれるケースもあります。

例えば挙式代数十万は無償にする、というケースもあります。

そういった場合は、披露宴は必ず行ってくださいといった注意点を設けられている場合もありますが、始めから披露宴を行うつもりにしている新郎新婦でしたら特に問題はないでしょう。

しかし、割引のために自分たちが希望する日ギリギリまで契約を結ばないのは、その分ほかの準備が大変になってしまいます。

例えばドレス選びや招待状作成、余興のお願いなども、式場が決まってからしか進められない場合があります。

結婚式までの日が短いと、その分新郎新婦の負担が増えてしまったり、自分たちでやりたかったことができなくなったりする可能性もあるため、できれば早い方が良いでしょう。

 

約半年前から準備を始めると安心

 

具体的には、約半年前には式場が決まっていると、結婚式まで順調に準備を進められるでしょう。

つまり、それまでに式場選びの準備を始めるということになります。では式場選びの準備はどのくらい時間がかかるものなのでしょうか。

それは新郎新婦二人の趣味嗜好が似ているかどうかにもよりますが、概ね3か月あると余裕をもって結婚式場を決められると思います。

そんなにかかるの?と思われた方もいるかもしれません。しかし、まずは理想の式場を探すためには、新郎新婦二人の理想に折り合いをつけるところから始まるため、なかなか決められないものです。

予算の都合で豪華な挙式ができなかったり、挙式は親族のみでなど、制限があらかじめ決まっている場合は、すぐに式場選びに入れる場合もあります。

しかし、初めての結婚式で、新郎新婦二人の理想が食い違う場合などは、まずは二人の理想を擦り合わせて、その上で実際に式場に下見に何件も行って決めたりしなければなりません。

下見も、実は案外一日仕事で、一日に4件も5件も回るということは、実際にはできないことがほとんどです。

一日に回れても午前と午後で1件ずつ、合計2件ではないでしょうか。下見ではどんなことをするのかと言うと、下見のプランにもよりますが、まずはチャペルや披露宴会場の見学を行い、その後お食事の試食をさせてもらえることがあります。

そして、ウェディングプランナーの方から、その結婚式場ならではの催しや、最近実際に挙式したカップルの写真などを見せてもらうなどしていると、あっという間に3時間は過ぎてしまいます。

平日は仕事をしている新郎新婦でしたら、休日にそういった下見をすることになるため、1カ月かけてもそう多く下見することは難しいでしょう。そのため、3か月ほどあれば、余裕をもって結婚式場を決めることができるのではないでしょうか。

 

結婚式場を決めるための準備として、新郎新婦二人のイメージを固めることが大切になってきます。

できれば早めに準備して、結婚式直前になって焦ることがないようにしたいです。

しかし実は、早く決める場合にも注意点があったり、遅い場合は割引などの特典が受けられるケースもありますので、何が最優先かを新郎新婦二人で話し合い、穏やかに準備を進められるのが良いでしょう。

サイト内検索
京都の結婚式場人気ランキング
第1位 桜鶴苑
桜鶴苑の画像
ザ ソウドウの画像
京都・大阪エリアでおすすめの結婚式場