【京都】結婚式場おすすめ人気ランキング!ウエディング会場選びにお悩みの方に口コミで評判の式場をご紹介!

京都の結婚式場で選ぶ決め手となるものは?

プロポーズが成功し結婚することが決まった後から多くのことをこなしていく必要があります。

結婚式場の数の多さに悩むことになります。

数多くある中から自分達の理想が叶う式場を選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

多くの選ぶポイントはありますが、そのポイントの中で特に重視しておかなければならないポイントをご紹介していきます。

 

経験者が重視したポイントがイメージ作りに役立つ

 

まず式場探しでは自分達のイメージを明確にしておくことが必要です。

ウェディング関連の雑誌には多くの式場やアピールポイントが記載されていますが、非常によくできており自分達のイメージを明確にしておかないと悩みが膨らむばかりです。

細かくは必要ないので大雑把にでも2人で決めておくと探しやすくなります。

ウェディング関連の会社がリサーチした全国の結婚経験者が重視したポイントをアンケートしています。雑誌や会社によって多少は異なる結果ですが、決め手になったポイントや重視したポイントに大きく違いはありません。

1番多くの方が重視したのは会場の雰囲気で、続いてロケーションです。

会場の雰囲気によって2人が叶えたい内容やゲストに合いそうかどうかを重視した方は多いです。

2人の希望が叶うかは会場の雰囲気とロケーションによって左右されるといえます。その他のポイントではアクセスとスタッフの対応、そして料理です。

結婚式ではゲストに来てもらう必要があるので、交通の利便性や送迎有無の確認は重要です。

スタッフの対応については担当の方が自分達をしっかりサポートしてくれるかどうかですが、相性もあります。

料理は結婚式では欠かせないものであり、ゲストに満足してもらえる様なものかや、せっかくの京都で行う結婚式なので京都らしさも含まれているかも重要です。

この様に重視しているポイントは式場選びに欠かせない基本的な項目が大半です。

式場の雰囲気・ロケーション・アクセス・料理・スタッフの対応の5つを軸に自分達がしたい結婚式のイメージをまず作ると探しやすく決めやすくもなります。

 

イメージができたら式場見学に参加

 

ある程度のイメージができるといくつか式場は絞られてきます。

絞ったら次はブライダルフェアに参加したり見学に行くことが必要です。

雑誌やネットではわからないことも非常に多いので、直に体験することや現地で担当から話を聞くことが大切です。

ブライダルフェアでは雰囲気を知る以外に料理も確認することができます。イメージに合うかを確認する手段として最適でありますが、雰囲気に飲まれて決めてしまうのは早計です。

最低でも2か所は回って比較することが大切です。

持参するものとしてはカメラと筆記用具を持って行くと良いでしょう。

詰めた話は式場を決めてからでいいので、どういったことが出来るのかや予算を聞いておくと後から冷静に判断できます。

必ず一旦持ち帰ってから検討することを心がける必要があります。

予算は重要であり決め手にもなりますが、妥協することで失敗することもあります。大体の金額を決めておき、予算で決めることは避けた方がよいでしょう。

見学やブライダルフェアで最初聞くと驚く金額でしょうが、まずその場で出される見積は最低ランクと思っておいてよいでしょう。

そこから希望の演出や料理のランク、ゲストの人数によって変わってきます。ある程度の予算は決めておいても、ある程度余裕を持った設定をしておかないと、理想通りにはならず失敗することにも繋がります。

金額もこの見学で現実を知り、持ち帰って再検討するつもりで参加するとよいでしょう。参加することで現実的な金額を知ったら、上限を決めておくと次に探しやすくなります。

ブライダルフェア参加や見学をすることで、テーブルコーディネートや会場、演出のイメージが固まっていきます。その反面理想と実際のイメージとの差が明確になり、自分達の予算と実現可能の差も浮き彫りになります。

最初からここでしたいと決めつけず、何を重要とするか自分達にとって最高の結婚式を挙げるための勉強と思って参加するとよいでしょう。

 

結局何で結婚式場を選べば良いのか

 

希望する式場と現実的にできる式場が明確になっていくと、式場選びは佳境に入ります。

イメージを持ってブライダルフェアや見学に参加し、現実を知ってより自分達のしたい結婚式のイメージが再構成されます。

この流れを体験することで失敗なく2人にとって忘れられない結婚式を開くことができるでしょう。

最後はその式場と契約する決め手になるのは何かです。

何か1つと決める必要はありません。予算に会場の雰囲気、料理にアクセス全てが自分達の中で及第点以上であることが重要です。

何か1つ不満点や問題点を作る必要はありません。一生に一度の結婚式なので、妥協はしても自分達の中の合格ラインは下げる必要はありません。

全てが合格ラインの結婚式場に決めることが重要で、その契約の決め手になるのはやはり予算と交通の利便性です。交通の利便性は送迎バスがあればよいのですが、参加してくれるゲストのことは外せないポイントです。

参加してくれるゲストの交通事情も加味して検討することが必要です。そして予算ですが、いくら全て良くて理想通りと言っても予算が大幅に超えることは避ける必要はあります。

結婚式がゴールではなくその後の生活が結婚した後のスタートだからです。結婚式を2人だけで行える方もいれば両親の支援もある方もいます。

どちらも両親の意向も聞いておくことも大切です。結婚は2人だけの話ではなく両家の結婚とも言えます。

予算について世間を良く知る両親からアドバイスをもらうとよい式場探しに繋がります。親戚との連絡調整も両親が主となり行ってくれるので、交通アクセスも参考意見として聞いておかなければならないでしょう。

京都でも他府県でも結婚式の費用に大きな差はありません。しかし時期や交渉によって料金は変わってきます。

自分達のしたい結婚式を担当者に伝え、予算も恥ずかしがらずしっかり伝えます。

その中で自分達が妥協しなくてもよい合格ラインの結婚式が可能な式場であることが選ぶポイントと言えます。

 

結婚式は2人にとってスタートであり、両家にとっての結婚式でもあります。

イメージを作るのにウェディング雑誌は非常に役に立ちますが、雑誌の情報だけで選んではいけません。

理想と現実の差を知るためにウェディングフェアに参加や見学することが重要です。また、ゲストのことを考えて場所を選ぶことも決め手として大切です。

そして何よりも予算は重要であり、せっかくの結婚式にお金の話と思わずじっくり検討する必要があります。会場の良さや料理、式場にスタッフとの相性等、式場選びにはどれも欠かすことはできません。

よって結婚式場の決め手となるのは、予算と交通の利便性になります。これは会場や式場、料理等の欠かせない他のポイントが全て合格ライン以上であることが前提であることも忘れてはいけません。

サイト内検索
京都の結婚式場人気ランキング
第1位 桜鶴苑
京都・大阪エリアでおすすめの結婚式場